東京はとても広いですから、さまざまなタイプの霊園が存在をしています。墓地の種類の基礎的な部分で知っておくといいのは、大きく3つのパターンということでしょう。ざっくりといいますと、公営であるのか寺院なのか、それとも民営であるかという、本当に基礎的な違いになります。古くからあるような、集落墓地や共同墓地、それからほかにも、東京にはあまりないものの、個人墓地などもあり、それらを省くとなると、やはり寺院か公営か民営かになります。公営墓地というスタイルであるならば、それは管理や運営を、地方自治体が行うことになります。宗教法人が責任を持って管理を行うのは、民営墓地と寺院墓地の存在です。民営墓地は、宗門宗派などは特に問題にはしないスタイルでの、フリーな墓地といったところでしょう。

東京の霊園のスタイルをリサーチ

東京にあるお墓のスタイルとして、公営霊園に当たるのが、公営墓地になります。公営墓地がいいところとしましては、都道府県であったり、市町村といった自治体などが、管理と経営を行うことから、管理はとても安定しています。委託をされて法人が、そのお墓を管理することもあるくらいです。お墓に関しましても購入をしましたら、管理をしてもらいたいのはやまやまですし、経営が安定をしているのは、長い目で見ても安心をすることができます。利用に関しての費用面で言いますと、永大使用料が、かなり安いというのは外せないでしょう。それから、管理費用も安い上でに、特に宗教などにもこだわりはないです。そんなメリット満載の公営墓地であるために、逆からの視点で見てみますと、募集がとても少ないのはがっかりな一面です。

宗教なども不問の民営霊園の種類

宗派や宗教は不問で販売をされている民営墓地は、公益法人や宗教法人によって、運営経営がされています。お墓は墓地埋葬法になっていますので、墓地に遺骨を埋葬するスタイルとなります。お寺などが事業主になるパターンであり、墓地の設置は宗教法人がすることになります。民営墓地の良いところとしては、東京にもいくつもありますので、比べて検討をしやすいことでしょう。費用面で比べてみた時にも、案外安い価格であるケースもあってサイズに助かります。民営墓地のいいところは、資格の条件など、細かい条件は割とないということでしょう。ついでに言いますと、解約をするときに関しましても、トラブルが発生をすることは、ほぼないので安心感があります。東京では寺院墓地を選ぶこともできますし、管理が細やかに行き届いていることは、大きな利点となります。